ありんこちゃんの愛とバレエ
その6〜体験レッスン
 ケツはまあ、おいといて。

王子のケツの図

 実は少しでもついていけるようにと思って、ネット検索して足のポジションというのを覚えていったです。
両足の踵をくっつけて180度かっぴろげるのが1番。
同じ形で踵と踵の間に足1個分開くのが2番。
足1個分間を前後に平行に並べるのが4番。
同じ形で隙間のないのが5番。
3番6番はあまり使わないそうな。

足の1番、2番、4番、5番の図

 1番で立つ時にはお尻をぎゅっと締めるそうです。
近くの人と組んで、ちゃんとお尻が締まってるか確認するんです。
それにしても、この時TYさんと組んでなくて、ほんとーにほんとーにほんとーに良かった。
間違いなく、撫で回して、頬擦りしてたんじゃないかと。

 つーか、鷲掴みにしてえよ、今すぐ。ハァハァ。

 …とか言ってる場合じゃなくて。
全くついていけないんです。 前の人の真似をしようとあわあわするだけ。
 分からなくなったら、TYさんにこっそり教えて貰おうと思っていたのですが、声が掛けられませんでした。
 流石、舞台に立っているだけあります。 彼が動き始めると急にぐんと大きくなって見えます。 動作のひとつひとつがとても美しい。
 私ごときがその一連の流れを止めるのは憚られました。 見とれて、憧れて、打ちひしがれました。
センターレッスンなんかもう、何もできませんでした。

落ち込むありんこちゃんの図

 帰り道に、TYさんが「簡単だよ」とパ・ド・ブレというのをやってみせてくれましたが、やっぱり分からなかった。
折角、道端で足を止めてくれたのに(泣)。

 なんで、もっと早く習っとかなかったんだろう。
あと10年早く始めていれば。
高校を卒業してから、私は一体、バイト料にしろ、お給料にしろ、何にお金を使っていたんだろう(←食い倒れてました)。
自分の稼いだほんの一部分を、どうして自分を磨く為に使わなかったんだろう(←食う為に使ってたからです)。
TYさんは、こんなにも美しいのに。

 ありんこちゃんは、今から美しくなれるでしょうか。
 まだ間に合うでしょうか。


 今日覚えたこと、ポアントとフレックス。

ポアントとフレックスの図
back next
hola@arinko-chan.com
ありんこちゃん励ましませんか? 鉛筆アイコン書く 帰る帰る巣穴