ありんこちゃんの愛とバレエ
その9〜いよいよ本レッスン
 いよいよ、レッスンの始まりです。
前の人を見てわたわたするのは前回と同じ。
そもそも、まったくの初心者のくせに、初級をすっとばして初・中級クラスに入っているのが問題なんだとは思うが。
でも、荒波に揉まれた方が上達早い気がするし。
ただでさえ、前回TYさんから頂いたビデオをみて、あまりのレベルの高さに鬱入ってます。
有名なバレエ団のレッスン風景だったんですが、ショックでした。
あまりに打ちのめされて、1度に全部観られず、3日に分けてやっと観ました。
あれについていけるようになれるんだろうか…。

 先週は、TYさんのケツに気を取られて気付きませんでしたが、先生美人です。
筋肉のつき方もいい。
美男美女のカップルだぜ、まったくよ。ケッ。

先生の図

 「腕を7番から1番におろして」

は?
なんじゃそれ?
足だけでなく、手にも番号がついているとは。
しかも7番というからには、最低7つは形がある訳で。
あう。
知らん、分かりません。
ついて行こうとして、皆の足下を見ると、手がついていきません。
フリに気を取られると、力が抜けます。

「顔上げて」
「踵つけて」
「肘曲げないで」
「お腹力入れて」
「お尻引っ込めて」
「膝つけて」

もぐら叩きのように叱られるありんこちゃん。

もう、何がなんだか(泣)。

プリエには、ドゥミ・プリエとグラン・プリエがあります。
踵をあげないギリギリのところまで腰を落とすのがドゥミ。
踵をあげてもっと腰を下げるのがグラン・プリエです。

プリエのアニメ

 ヤンキー座りできる人の方がこれはやり易いんじゃないかと思う。
ありんこちゃんは、しゃがむ時、どうしても踵が上がってしまうのだけれど、
そのせいか、プリエをやる時、どうしても踵が上がってしまう。
踵をつけると、全然膝が曲げられないのね。
他の皆がずっとずっと深くかがんでいるのに、ひとりだけ、浮いている…。
これがすごく悔しい。
もっとアキレスを伸ばさなければ。
折角TYさんにご指導頂いたというのに、踵を意識する余裕がありませんでした。
これは普段歩く時から心掛けるようにしないとなあ。

今日覚えたこと。
ルルベ。
常に顔と顎の間にりんご1個分の間をあける。

ルルベの図
back next
hola@arinko-chan.com
ありんこちゃん励ましませんか? 鉛筆アイコン書く 帰る帰る巣穴