ありんこちゃんの愛とバレエ
その13〜ガバガバ?
 お家に帰って、アキレス腱と股関節のストレッチをしました。
焦るせいか、痛くなるまでやってしまった。
プリエで同じ悩みを抱えている人はいないのかな。
いたとして、克服できたのかな。
できたなら、どの位かかったんだろう。
早くプリエができるようになるといいのに。

足のストレッチをするありんこちゃんの図

 鬱々としていたら、母が帰ってきました。
早速、王子と先生は付き合っていないらしい旨を報告。
ひと呼吸おいて母は言いました。

「やっぱりね」
…オイコラ。

力説するありんこちゃんのママの図

「じゃあ、きっと先生は、あんたがTYちゃんの彼女だと思ってるんじゃない?」
…え?ヤパリ?
ヤパリそう思う?
ちょっとウキウキしていると、母は私を座らせて悲しそうに言いました。

「女性がバレエを習っているとね、離婚率が低いんだって」
…はあ?

「男性がね、奥さんを離さないらしいよ」
…はあ?

「すごくね、イイんだって」
…はあ?

「その為にTYさんがあんたにバレエを習わせてるって、先生思ってるかもね」
…はあ?

ありママアイコン

「私があまりに締まり悪いもんだから、王子が閉口して『おめー、ちょっと括約筋鍛えて来い』って?」
母は厳格に頷きました。

 ありんこちゃんは先生に、『TYさんのガバガバな彼女』だと思われてるってことかい。
はあ、そりゃどうも名誉なことで(ヤケ)。
そんなきっかけでバレエを習い始めるなんて…イヤだ。
だいたい、親娘の会話か?これ。


 翌日、王子から連絡が来ました。
なんとかお互いの都合がついて、お約束の個人レッスンが現実のものになりそうです。 確認してみたら、やはり忘れ物は王子のでした。 次回のお稽古に出られないそうなので、私が取ってくることに。 嗅いでO.K.ってことです。(←まちがい)

忘れ物図のサムネイル

 今日覚えたこと、王子と先生は付き合っていないらしい。
back next
hola@arinko-chan.com
ありんこちゃん励ましませんか? 鉛筆アイコン書く 帰る帰る巣穴