ありんこちゃんの愛とバレエ
その14〜ピルエット
 さて。
今回はピルエットの感覚を掴むために、片手のふりだけで、ターンをしてみました。
いや、それだけじゃないけどね、勿論。
右に回る時は左腕、左に回る時は右腕を使います。
回る時は、どこか1点を決めて、そこを見るようにしましょう。
眼が回ります。
危うく吐くところでした。
つーか、先生、それを早く…(涙目)。

目が回るありんこちゃんの図

 ありんこちゃんの平衡感覚は人より劣っています。
動いている乗り物では、支えなしにしゃんと立っていることができません。
電車やバスを利用する時は、先を争って壁際につきます。
着付けを習っていた頃、帯を巻かれる時に足をふんばって立っていることができなくて、先生に「あんたどっかおかしいんじゃない?」と言われたこともある。

 今回、これやってて気付いたんですが、私は左足の平衡感覚が狂ってるようです。
右軸だとなんとか回れるんだけど、左軸だと倒れそうになる。
普段、重心を右に置いているということだろうか。
足のあがる角度と、アキレス腱と、 ハムストリングスは右が弱いです。
これは、以前右足の靱帯を伸ばしてしまったことと何か関係があるのでしょうか。
バレエを習い始めて、色々と発見が。
自分の体を知ることは良いことでございます。

 ラストに、いっぺんだけ回ってみました。
回れませんでした。
難しい。
ちゅーか怖い。

ピルエットのアニメ

 アキレスが弱いのは先生にも指摘されて、帰りにアキレスを伸ばすための機材を使ってくよう言われました。
今まで、ステッパーだと思ってたよ。
乗ってみたら、立てませんでした。
内角90度以下にならないのに、45度の傾斜の踏み台に乗ったらひっくり返るっつーの。
早くこれで楽々前屈できるようになりたいです。
先は長い。

 前回のお約束通りに、王子の忘れ物をget。
お家に帰って、一瞬の葛藤があったけれども、理性が打ち勝ちました。
気持ちが変わらないうちにすぐにお洗濯です。
干す時には、やっぱくんくんやっとくんだったって後悔しました。

洗濯機を回すありんこちゃんの図

 今日覚えたこと、ピルエットは腕の振りで回る。


back next
hola@arinko-chan.com
ありんこちゃん励ましませんか? 鉛筆アイコン書く 帰る帰る巣穴