ありんこちゃんの愛とバレエ
その34〜シェネ
 センターの時に、殆ど必ずといって行うパ。
それはピケ、アン・デ・ダン1/2。またの名をピケターン。
ピケってね、なかなか練習できないんですよ。動くから。
家でやると、小指の先が家具の角にぶつかって、く〜ってなるし。
外でやると、子供や老人にぶつかって怪我させちゃったら危ないし。
下手すりゃ車にぶつかって御陀仏ですよ。
気の毒なのは、運転してる方ですさ。
いきなり目の前に千鳥足で出てきたのを、跳ねちゃったりなんかしたら。
「酔っ払いが飛び出して来ました」つったって、私の血中アルコール濃度はゼロですさ。 回ってて平衡感覚なくしてヨロヨロ出てってるだけなんだから。
あって間に、『人殺し』の烙印を押されちゃうわけです。こんなバレエ馬鹿のせいで。
私が死んだら、少しは王子は悲しんでくれるかちら。


車に跳ねられるありんこちゃんの図


 えーと、前置き長くなりました。
まあ、とにかくありんこちゃんは、ピケターンだけでいっぱいいっぱいなんでございます。
ということを言いたかった訳なんです。
 だがしかし。
フロアの端から真ん中までピケ、真ん中からもう片端まで死ね。
とかいうのをやるんですよ、たまに。
死ね。いえ、正式名称はシェネといいます。
1番ルルベの状態で、半回転を続けていきます。
右足、左足、と順番に重心を移動。
手は2番、アン・ナバン。
視線は進行方向を見据えたまま。

顔を上げることを特に意識して動くようにしてはいるのだけれど、自信がなくなってくるのに比例して、目線もだんだん落ちてくる。
しかし、回る時に下向くのはとても危険です。
1箇所を決めてそこを見続けるようにしないと、目が回ります。
特に回るパの場合、ずーっと回り続ける訳ですから…終わる頃には酔っ払いのようです。
以前、王子が「簡単だよ」と見せてくれたことがありますが、大嘘ですね。
ありんこちゃん、気持ち悪くなって、端まで到達できませんでした。 先生に何度も何度も注意されて、1点を見るように心掛けたんだけどな。 でも、お教室の半分まで行くと、もう目がまわってきぼぢわるくなって、続けられないの。


シェネするありんこちゃんのアニメ


 家に帰る途中、道路の白線に沿って、ちょっと練習してみましたが、やっぱり目が回りました。
ひとりの時でも目が回るってことは、やっぱり基本的な視線ができていないんだ。 要練習です。頑張れ自分。
よろけて、ふらついた時に、知らないうちに迫っていた自動車に思いきしクラクション鳴らされて我に返った。
いっけねぇ、危うく人を殺人犯に仕立て上げるとこだった。
私が死んだら、少しは王子は…(以下略)。

 今日覚えたこと。
シェネ。

back next
hola@arinko-chan.com
ありんこちゃん励ましませんか? 鉛筆アイコン書く 帰る帰る巣穴